葉酸サプリは市販とネット販売で何が違う?市販品の選び方は?

葉酸サプリは多くの妊婦さんが飲んでいるサプリメントです。
市販で販売されているものもあればネット販売限定で発売されているものもあります。

 

それぞれたくさんの種類があるのでどんな風に選んでいったら良いのかが分からなくなってしまうこともあるかと思います。
そこで市販で販売されている葉酸サプリとネット販売の葉酸サプリは何が違うのか、市販の葉酸サプリを選んでいくときはどんなことをポイントにして選んでいけばよいのかをお話ししていきます。

 

市販とネット販売の葉酸サプリの違いとは?

市販で販売されている葉酸サプリとネット販売限定で販売されている葉酸サプリの二つを比べてみると、結論から言ってしまえばネット販売されている葉酸サプリのほうが内容が良いものが多いです。
市販の葉酸サプリとネット販売されている葉酸サプリの大きく違うところは原材料にかけるコストの部分です。

 

ネット販売されているものは市販で販売されているものとは違って余計なコストがかかっていません。
なのでサプリの内容にコストをかけていくことができるのです。

 

市販で販売される葉酸サプリの場合は大量生産をする必要が出てくるのでコストもかかるし、長期保存するための保存料や添加物を配合しなければならない場合が多くなります。
市販で販売されているものでも内容の良い葉酸サプリはいくつかありますが、ネット販売のものと比べるとその数も少ないです。

 

市販の葉酸サプリを選ぶポイントはこの2つ!

葉酸サプリを市販で購入したいという場合の選ぶポイントを紹介していきます。葉酸サプリは近所のドラッグストアやベビー洋品店などで販売されています。葉酸サプリを選ぶときのポイントで重要視したいのは二つです。それは「添加物の確認」と「ビタミンB12の配合」です。

 

1.添加物の確認

妊娠中に飲んでいく葉酸サプリの場合は添加物の確認はとても大切なことです。
市販で販売されている葉酸サプリの場合は長期保存ができるようにするためや、飲みやすくするために甘味料や香料が含まれていることが多いのです。

 

市販のサプリメントに含まれていることの多い「ショ糖脂肪酸エステル」や「乳糖」は妊娠中には出来る限り摂取しないほうが良い添加物だと思います。
ショ糖脂肪酸エステルという添加物は胎児の奇形リスクを高めることがあると言われています。

 

乳糖は下痢や胃痛などの胃腸障害を起こしやすいとされています。
市販の葉酸サプリの中に含まれている添加物は副作用がないとか危険性がないとか言われているものでも、できることならば摂取しないほうがよいものです。
しかしサプリメントは錠剤の形を作るためにどうしても最低限の添加物が配合されてしまうものでもあるんですよね。

 

2.ビタミン12の配合

葉酸サプリはビタミンB12も含まれているものを選んでいきましょう。
葉酸とビタミンB12は一緒に摂取することで働きます。
なので葉酸だけ摂取していても意味がないのです。

 

逆にビタミンB12だけを摂取していても意味がありません。
葉酸は妊娠中の胎児の体作りのために絶対に必要な栄養素です。
必要量の葉酸を摂取していくことで胎児の障害リスクを軽減することができます。

 

市販でおすすめの葉酸サプリ

ネイチャーメイドやディアナチュラなどからも葉酸サプリは発売されています。他にもたくさんの葉酸サプリを見かけることはありますよね。
市販でおすすめの葉酸サプリを二つ紹介します。

 

葉酸カルシウムプラス

ピジョンの葉酸カルシウムプラスは葉酸とビタミンB12が配合されていて、その他にも鉄やカルシウムがバランスよく配合されています。
添加物は入っていますが、この栄養バランスのよさは他にはなかなかありません。

 

ワダカルママ葉酸

ワダカルママ葉酸にもビタミンB12、鉄分、カルシウムが配合されています。添加物は入っていますがショ糖脂肪酸エステルや乳糖ではないのでおすすめできます。